The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
買ってください!読んでください!
2008-03-16 Sun 23:59
この記事、16日までいちばん上に表示されるようにしてあります。

選択可能な未来選択可能な未来
(2008/03/13)
高木 善之

商品詳細を見る


いつもいろんな本やら映画やらおすすめしていますが、ここのブログで「買ってください」と言ったことはないと思うんですけど・・・・。
これは買ってください。
お願いします。
読んでください。
市民から日本を変えるためです。

以下、高木さんの日記より抜粋。

10年前に出版しました『転生と地球』は、
私の本の中でもっとも重要な本です。
私の交通事故、意識転換、『地球村』の誕生、
今後の世界のビジョンまでを書きました。
『選択可能な未来』は『転生と地球』のバージョンアップです。

その後の10年の世界の変化、私の活動を通して、
世界の今後、ビジョン(あるべき姿)、
ビジョンの実現への道を書きました。
私の集大成の本です。ぜひお読みください。

アマゾンは全国の書店や読者が注目されますので、
ランキングが上がると注文が増えます。
よろしければご協力ください。

★3月15日(土)~16日(日)にご注文ください。
できれば、16日(日)の夜7~10時くらいの間でお願いします。

★カウントは、冊数ではなく注文数です。
複数の注文の際は、
複数の注文は「1冊」「1冊」連続注文はよくないそうです。
2~3冊に分けて、少し時間をおいてご注文ください。

よろしくお願いいたします。m(__)m



とのことです。


一度外食を我慢すれば買える金額です。
3月10日に行った高木さんの講演でも、いちばん読んでほしい本だとおっしゃってました。
どうかたくさんの人に読んでもらいたいので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
すべては「愛」
2008-02-23 Sat 20:56
生きる意味―人生を深く掘り下げるワークショップ生きる意味―人生を深く掘り下げるワークショップ
(2006/02)
高木 善之

商品詳細を見る


素晴らしい本です。ごちゃごちゃ説明しても意味がないと思うので、とにかく読んでみてください。

だから私は高木さんに強く惹かれるんだろうなぁ~と思うところを一部引用させていただきます。

大切なのは、自分を好きになることです。自分を好きになることで、すべてが好きになり、すべてに関心を持つことができます。それを忘れると、多くのことに無関心・無責任になってしまいます。いまの世の中がおかしいのは、多くの人が、無知、無関心、無責任だからです。ということは、いまの世の中、自分を大切に思っていない人が多いのです。自分を愛すること、自分を大切に思うことがいかに大切なことか。そのことで、すべてのことに関心を持ち、みんなの幸せを実現したくなるのです。それは素晴らしい生き方、素晴らしい意識、価値観なのです。私はそんな生き方を見つけたから、そういう生き方をしてみないかと、世界の中心で(心の中から)叫び続けているのです。みんなが自分を大切に思うようになれば、みんなを大切に思い、すべてのことに関心を持ち、馬鹿なことはできなくなります。決して戦争などしない、決して不公正なことはしない、未来を破壊することなど、絶対にできないのです。そういう生き方を、私は、見つけてしまったのです!まさに、素晴らしい生き方を「ユーリカ!」(我、発見せり!)なのです!私は、それを忘れることはない。生き方を変えることなどできない。過去の私に戻ることはできない。決して忘れることはできないのです。わかったら、変わるのです!(~略~)マザー・テレサもガンジーもマンデラ元大統領も、そういう生き方をしたと思います。マンデラさんは、二十数年囚われていましたが、牢獄の中で、恨みを募らせていたのではないのです。彼が大統領に選ばれた時、白人は報復を恐れて逃げ出しました。しかし、彼は、みんなの自由と平和を願い、白人に何の差別も罰則も設けなかった。その平和の精神に対してノーベル平和賞が与えられえたのです。何をベースとするか。怒りや憤り、報復では何も解決しない。「自分が正しい、相手が間違っている」という裁きも、本当の解決にはならない。同様に相手に裁かれる。問題の解決には、愛をベースにするしかない。「裁き」ではなく「許し」、これが私の見つけた精神、私の発見した考え方、「非対立」なのです。この「非対立」こそ、平和を実現する最後の方法ではないかと私は思っています。だから、無条件で、この生き方をやってみないか、と呼びかけ続けている。私は、このことに二十年以上をかけてきました。「非対立」をあらゆる視点から考え、自分としてベストを尽くしてきました。

~略~

私は自分の命を大切にしていますよ。でも、本当に大切なもののためには、自分は「捨て駒」になっていいと思っています。世界の中心で愛を叫ぶのが、私の使命です。私はこの世界を信頼しているし、みんなの心の中にある神性を信頼しています。私は自分を信じています。そして、あなたを信頼しています。




別窓 | | コメント:10 | トラックバック:0
「非対立の生きかた」の感想にかえて。
2008-02-10 Sun 09:47
非対立の生きかた―一瞬でしあわせをつかむ成功法則非対立の生きかた―一瞬でしあわせをつかむ成功法則
(2004/10)
高木 善之

商品詳細を見る

これ、mixiの日記に書いたのですが、1人でも多くの方に読んでいただきたいので、こちらにもコピペしておきます。


高木さんに送ったメッセージを、そっくりそのままコピペします。
長いので疲れると思いますが、関心のある人は読んでください。
もー、旅の恥はかきすてって言うけど、mixi日記の恥もかきすてじゃー。
どーにでもなれー(笑)
------------------------------------------
宛 先 : たかぎ
日 付 : 2008年02月05日 23時38分
件 名 : 高木さん、ありがとうございます

高木さん、こんばんは。
1月27日の東京の講演会に参加し、初めて高木さんを知り、その日から自分の生き方が変わり始めています。

講演会の日、「ありがとうシリーズ」の4冊を購入。もっと本を読んでみたいと思い、先日「非対立の生きかた」を購入し、さきほど読み終わりました。
私はボキャブラリーが乏しく、頭や心に感じていることをうまく言葉にすることができないので、この感動を高木さんにうまく伝えられないかも知れませんが、本当に高木さんに「ありがとう」と感謝しています。

私は自分のことが好きです。ずっと自分大好き人間でした。でも、たぶん、自分自身の悪い所も含めて自分が大好きだったため、ずっと今まで変わらなかったんだと思います。
好き嫌いがかなりハッキリしている性格で、嫌いな人とは衝突して絶縁して終わり・・・。そして、年齢とともにだいぶやわらいではきましたが、ちょっとしたことですぐにカッとなる性格でした。
そういうところは直したい、変えたいと思って、いろんな本を読んでみましたが、今まで「非対立の生きかた」に書いてあるような本に出会ったことはありませんでした。
高木さんの講演を聞いたときも目からウロコが落ちまくりましたが、この本を読み始めてからも、何度も目からウロコが落ちました。
今まで、私がず~~~~~っと探してきた答えが、すべてこの本の中にありました。

読みながら、何度も泣きました。特に「第4章 エピソード」では、大泣きしました。
さっき、エピローグでもまた泣きました。高木さんに出会えて、自分が変われるかもしれないと思ったら泣けてきました。

私は20年ぐらい前に、絵本「おおきな木」に出会ってから、『無償の愛』が自分のテーマでした。でも、こんなに怒りんぼうで、人と衝突が絶えなかった私が、そんなテーマを掲げても、とうてい無理な話で・・・。
でも、「非対立の生きかた」を読み終わった今、私にもできるかもしれないと思い始めました。いや、きっとできます。
高木さんも書いてらっしゃいましたが、すぐに大きく変わることは無理でも、少しずつできることからやっていこうと思っています。

実際、本当に短気で怒りんぼうだった私が、高木さんの講演以降、怒らなくなりました。毎日何かしら、ちっちゃなことで腹を立てていましたが、なぜか、腹が立つことが少なくなりました。もちろん、そんなにすぐに人間は変わりませんので、ムッとすることやカチンとすることは毎日あるんですが、心のカメラの話や、モノサシの話が常に頭の中にある状態になっているので、あまり腹が立たなくなったようです。
「ありがとうシリーズ」の4冊を読み終えて、すぐに会社の人にその4冊の本を貸してあげました。
今日、その人が会社で許せないことがあったらしいのですが、「ほら、高木さんの本に書いてあったでしょー」と言ってあげました(笑)。きっと今までの私なら、その人と同じことで怒っていたと思うのですが、今のところ、頭の中にしっかりインプットされているので、だいじょうぶです。忘れないように常に意識するようにしようと思っています。

「非対立」とはほど遠いところにいた私ですが、なぜかずっと昔から『自分も幸せで他人も幸せがいい』『世界は一家、人類はみな兄弟』が理想の世界だと思っていました。
前に高木さんに送ったメッセージにも書きましたが、私はすごく小さい頃から「自分はなんで生まれてきたんだろう?」と思っていました。子供ができる原理を知ってからは、「違う卵子と違う精子がくっついてたら、私じゃない子が生まれてきてたはずなのに、なぜ私だったんだろう?」と考えていました。 39歳になってもわからないままでした。でも、高木さんに出会ってから、少しずつ意味がわかってきたように思います。

私のmixiのプロフィールに、さきほどまで「関心のないことには、とことん無関心です」という言葉が書いてありましたが、消しました。「愛の反対が無関心」だということをさきほど知ったからです。

高木さん、本当にありがとうございます。
次は「オーケストラ指揮法」を読みます。
-------------------------------------------------

そしたら、すぐに高木さんから返事がきました。

-------------------------------------------------
差出人 : たかぎ
日 付 : 2008年02月05日 23時53分
件 名 : Re: 高木さん、ありがとうございます

メッセージありがとう。
とてもうれしいよ。
『ありがとう』シリーズ、役に立ったんだね。
『非対立の生き方』も、あなたの心を打ったんだね。
もっとうれしいよ。
今度は『オーケストラ指揮法』だね。よろしくね。

あなたは、グリーンコンシューマの仲間になって入れていますか。もし、なってくれたのでしたら、
この文章、『地球村通信』(会報)で紹介したいなあ。
------------------------------------------------

そして私の返事です。

------------------------------------------------
宛 先 : たかぎ
日 付 : 2008年02月05日 23時57分
件 名 : 地球村の仲間です!

こちらこそ、ありがとうございます。
また泣けてきました(基本的にすぐ泣きます・笑)。

講演会の日、地球村の仲間入りしましたよ!!
昨日、地球村通信の1月号と2月号が届きました。

紹介してもらえるの、恥ずかしいですが嬉しいです。
さらに自分が変われるきっかけになると思います。
よろしくお願い致します。
------------------------------------------------

いやいや、勝美ちゃん。
本当にありがとう、高木さんのこと教えてくれて。
私が幸せになれば、私のまわりにどんどん人が集まり、そしてその人たちも幸せになります。
幸せになるぞー!!


そんなわけで来月か再来月の地球村通信に載ることになりました。でも、原文の4分の1ほどの短さになってしまいましたが。
「これ以上短くするのは無理」と送ったものを高木さん自らが手直ししてくれて、何度も「全部載せたいんだけどごめんね」ってメールくださいました。

このことについて勝美ちゃんがブログに書いてくれてるので読んでくださいね。
■グリーンコンシューマーになりましょう■
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
夢をかなえるゾウ
2008-01-17 Thu 23:08
夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る


友達から教えてもらった。
「買った方がいい」って言うから、ちょっと高かったけど買った。

あまりにもおもしろくて、一気に読んでしまった。
本を読むのが遅いこの私が。
瑛太ブログのコメントレスも後回しにして(すんまそんっ)読んでしまった。

これ読んでる全ての人、だまされたと思って読んでみなさい。
いや、べつに「自分は変わりたい」って思ってない人は読まなくていいかな。
変わりたい、今の生活をなんとかしたい、って思ってる人は、どうぞ読んでみてください。

あたしはこの本を読んで、ガネーシャ(この本に出てくるゾウの神様)の課題をすでに今までから実践してることがあった。
だからなのかな、自分にはいいことがよく起こるし、運がいい。

「銀色のシーズン」、ダーリンにいちばん観てもらいたかったんだけど、結果的に最後の場面しか観てもらう事ができなかった(笑)。
まーまだ上映してるし、DVD出たら見せるつもりではいるけど。
この「夢をかなえるゾウ」もダーリンにいちばん読んでほしいと思っている。
今度会うとき持って行こう。会えなかったら送りつけてやるゾウ(なんちてー♪)。

別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
セカイハスバラシイ!
2007-11-30 Fri 22:59
アウトレットブルース アウトレットブルース
川村勝 (2007/09/28)
ぴあ

この商品の詳細を見る


mixiでマイミクの「BIG BABY」さんこと川村勝さんの自伝『アウトレットブルース』を読みました。

内容はamazonさんのをコピペ!

内容紹介
元暴力団組員が綴るノンフィクション。「ひなた」を目指す若者たちの青春!

2000年7月、所属していた組の抗争事件で有罪を受けた広域任侠団体員・カワムラマサルは、刑務所に送られる直前、一通の手紙を受け取った。それは、友人のナオヤが事故で足を切断したことを伝えていた――。それから2年半。マサルは出所後に大検を取得、法政大学に合格し“刺青を背負った大学生” になった。一方、事故で左足をなくしたナオヤは、車椅子バスケットと出合い、パラリンピック日本代表を目指し奮闘している。
かつて暴力とともに生活していた著者は塀の中で何を決断したのか。友人・ナオヤは事故で何を失い、何を得たのか――。元任侠団体員という異色の経歴を持つライターが、ハンディを克服し「健常者、障害者を問わず、人を勇気づけられるような存在になりたい」と語る男の生き様を描く渾身のノンフィクション!


めちゃ良かったデス。
マイミクだからお世辞を言ってるとかではなく(あたしがお世辞や気を使うことが大嫌いな人間ってことは、つきあってる人ならわかるでしょう?)ホントに良かったです。
本を読むのがめっちゃ遅くて有名なあたしが、続きが知りたくて一気に読んでしまったぐらいです。

「人間って、こんなに変われるんだね。」と思ったのがイチバンかな。ここ最近のあたしのテーマなので、またもや神様が偶然マイミクになるように仕掛けてくれたんだと思わずにはいられませんでした。

きっと、書いた本人はそんなつもりはないのでしょうが、随所に涙腺を刺激する言葉が出てきて(でも、お涙ちょうだいものとは全然違う!)通勤電車や会社の昼休みにせっせと読んでいたあたしは、人前で涙をこらえるの必死でした。

刑務所の中でヤクザをやめることを考えた川村さん。出所してから「善い人」を目指したとは言え、不良だ暴力だというところで育ってきた彼には、邪悪な気持ちを消し去ることは難しく・・・。
そんなときに彼が苦悩に苦悩を重ねて編み出した呪文。

「セカイハスバラシイ」

ことあるごとにこの言葉を呪文のように唱えるようになった川村さんには、ホントに素晴らしい世界が待っていた。

「核兵器さえ持つこの世の中だけど、それよりももっと強力な人間の善意が世界を動かしている。僕はそれをひたすら信じようと思った。」

悪事に手を伸ばしたくなったときも「言霊」を信じ、この言葉が彼を変えていった。

私はよく自分で「運がいい」とか「思ったことが現実になる」とか書いてるけど、これは本当だと思う。現に川村さんが実証している。

「心とは本当に大事なものだと思う。人は向いている方向にしか進まない。だからこそ、現実に打ちのめされても理想を抱いて生きなければならない。」

この本に出てくる、もう1人の主人公、車椅子でバスケをやる「ナオヤ」さん。
ナオヤさんは「No guts. No glory. Go for it!」を地でいく人です。

とにかく、もうここに全部書いちゃいたいほど、素晴らしいフレーズがたくさん出てくるこの本。
こんなちっぽけな言葉でしか書けない自分が情けないけど、川村さんとナオヤさんから、勇気と感動をいっぱいもらいました。

ぜひぜひぜひ、1人でもたくさんの人に読んでもらって、この感動をわかちあいたいと思います。

「人は『どう生きたか』が重要なんじゃない。『どう生きようとしたか』それだけが重要なことです」
と金八先生が言っていたらしい。

あたしも「ひまわり大作戦」で自分の人生がもっとカラフルになるように頑張ります!
川村さん、ナオヤさん、ありがとう。
出会えて良かった。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
speed
2007-10-28 Sun 22:24
SPEED スピード (文春文庫) SPEED スピード (文春文庫)
石丸 元章 (2001/03)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


著者がドラッグ取材をしていくうちに、自らがジャンキーになってしまうノンフィクション。

今まで無縁で未知の世界だったので、勉強になった。

今は石丸さんも、本の中に出てくる相棒のギター男さん(ex.ガスボーイズ)も、キッパリとドラッグを絶って生活してらっしゃるそうです。
でも、自ら命を絶ったお友達のことも書いてあります。

人間とは何と弱い生き物であるか。
そして、強い生き物であるか。

読む人によって、感想はさまざまだと思うけど、私は読んでよかったなぁと思います。
ただ、「おもしろい」だけの本じゃない。
自分について、人生について考えさせられる本。

別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
と、とどいたぁ~~~♪
2007-09-24 Mon 21:23



おまえ、今日はいったい何回日記を書けば気が済むんだー?ってつっこまないでね♪

これ、やばす!!!!!

一度も「かっこいい」と思ったことのない加瀬くんが、カッコイイっす!!!!!

ベッドで枕を抱えて寝そべってる写真が、やばす!!!!!

もったいなくて読めない(笑)。

でも読んじゃおう(笑)。

たぶんあたし、オダギリんときよりはまってるねー。

瑛太>加瀬くん>ジョー

って感じかな。

Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品 Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品
Takashi Homma (2006/07)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
| 空の青と本当の気持ち | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。